慧生坐禅会掲示板

108997
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/24 (Sat) 09:39:56
        気分と付き合わない

幸福になる秘訣の一つは、
自分自身の不機嫌に無関心で居ることだ。
自分の不快や苦しみを、
後生大事に抱えている必要はない。

       アラン 「幸福論」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/23 (Fri) 09:17:55
    人間の自己中心性

”おかしくはないか、他の人がある事をするのに、長い時間をかけていると、あいつはのろいといい、自分がしないと、忙しいからという。
 他の人が、言わないことを勝手にすると、でしゃばりといい、自分が言わないことを勝手にすると、積極的だという。他の人が自分の意見を強く主張するとガンコだといい、自分のときは、しっかりしているという。
 他の人がエチケットを少し破ると乱暴だといい、自分がエチケットを無視した場合にはそれを個性的だという。他の人が上役の気に入るような事をすると、ゴマすりだといい、自分の場合は協力的という。
 他の人が昇進すると、あいつは運がよかったといい、自分が昇進すれば、努力が報いられたという。
 おかしいではないか。それともこれが当たりまえだろうか。”

          ハロルド・フィケット
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/22 (Thu) 08:52:43
         いま、ここで。

いまいる場所で、

自分の持っているもので、

できることをせよ。
              セオドア・ルーズベルト

今日という日は、

残りの人生の一日目だ。
               俗謡
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/21 (Wed) 08:46:41
     新しい明日に向って生きる

 人間は過去に生きるのではない。新しい明日に向って生きるのだ。私は、悲しみから心を離し次の行動に向って心を動かす。こうするのだと思った瞬間に、さっとその通りに動く。いや、動くのではない。もう踏み出しているのであった。

     宇野千代 「人生はいつだって今が最高」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/20 (Tue) 08:35:28
     大事なのは想像力

 道をたずねられて教えるときは、「この人にはこういう言い方で分かるだろうか」と考えながら教えることである。若い人に教えるのと老人に教えるのとでは教え方が違うはずだ。その老人が街を歩くのに慣れている人か、そうでない人かも考える。つまり大事なのは想像力であり心配りである。

       佐藤愛子 「戦いやまず日は西に」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/19 (Mon) 08:58:49
     自分の仕事ができるという恵み

大いなる恵みとは何か。

きょう、自分の仕事ができるということだ。

     白取春彦 「超訳ヴィトゲンシュタインの言葉」

2月度第二回坐禅会 - Shima
2018/02/18 (Sun) 13:08:01
本日の坐禅会ご苦労様でした、
12名のご参加を頂きました。
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/18 (Sun) 08:51:32
       神の視点で物事を考える

 たとえば貴方にとても悲しい出来事が起きたとしよう。悲しい、辛いという感情は、その中に埋没すると、出口などないように感じてしまう。そんな時、ユダヤ人は、「神はこの物事をどう見るであろう」と考えるのである。神とは「人間を超越した存在」だからだ。すると思索が深まり、その場の人間の感情から離れて、別の次元から客観的に物事を捉えられるようになる。神とは「別の次元」ということだ。

     石角莞爾 「ユダヤ人金言集」 
2月度第二回坐禅会 - Shima
2018/02/17 (Sat) 10:13:57
明日2月18日は2月度第二回坐禅会です。
ご参加宜しくお願いします。
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/17 (Sat) 08:54:47
    熟考し、決心したことはそのままやり抜け

 計画は、これを実行に移す前に、じっくりと繰り返し熟考しよう。けれども一度決心して事に着手した以上、成るようになるだけで結果を待つしかないのだから、既に実行に移した事を何度も考え直したり、あるかもしれない危険を何度も気遣って、びくびくしないほうが善い。

    ショーペンハウアー 「幸福論」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/16 (Fri) 08:57:11
    「雨ニモマケズ」のこころ

 宮沢賢治が大切にしていた言葉とは何でしょうか。

 医師でも、僧侶でも、誰でも、大事なのは行くことなのです。
 そして「行ッテ」というのは、そこに行くプロセスも大事です。思い切ってそこに行こうと決心したときには、まだそこに到達していなくても、たずねていく一歩一歩の中に思いがけない気づきや絆が生れます。じっとしていては何も開かれないのです。

      鍋島直樹(龍谷大学教授)
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/15 (Thu) 09:11:55
      本当の健康法

 健康法というのは、体操をするとか、歩くとか、あれを食べるとか、これを食べないとかいうことではない。いつでも、何かを追いかけていく目的があって、張り切っている状態のことだと、このごろ、そう思うのである。

        宇野千代 「人生はいつだって今が最高!」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/14 (Wed) 09:00:31
    同胞教会賛美歌第172番

ひたすら神のみむねに従い、
いかなるときにも神に望みをかくる者、
もろもろのなやみと悲しみにとざさるるとも、
神はその人を不思議にも守り給わん。
いと高きものなる神に依り頼む人は
砂の上にその家を建てしにあらず。

      ヒルティ 「幸福論」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/13 (Tue) 08:53:04
      今日の言葉

 たとえ今が不合理であっても、避けたり逃げたりせず、耐え忍んで乗り越えていく。それが将来の幸せを招き、人生の新しい道を開いていく。

      鍵山秀三郎
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/12 (Mon) 09:18:33
  人生の目的とは魂の成長であり、見せ掛けの成功ではない  
私は貴方に何も教えられない、
あなたが自身の中にある智慧を探す。
その手伝いしか出来ないのだ。
だがこれは、私のつまらない智慧を伝えるよりも
ずっと素晴らしいことだ。

      アレックス・ロビラ 「心を癒す」       
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/11 (Sun) 09:05:30
       宇野千代 幸福の一日一言

 私は、一体に過去のことや過ぎた事をあれこれと考えるのは、苦手なのです。というより、過ぎてしまったことには興味がないのです。いまさら悔やんでも、はじまらない、と割り切るほどではありませんが、目の前になすべきことがありすぎて、過去に心をとられる暇がないのが本当のところかもしれませんね。
 私にとっていつでも、過去はたちまち心の中から消え、前へ進むことだけに心は集中するのです。
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/10 (Sat) 08:39:14
       仕事

財産を失うものは多くを失う。

友を失うものはもっと多くを失う。

しかし勇気を失う者はすべてを失う。

      セルバンテス (ドン・キホーテの作者)

つれづれに - 友田昌秀
2018/02/09 (Fri) 09:25:31
      無為は有益である

この世で最も柔らかいもの、たとえば水は、
この世の最も硬いもの、たとえば岩にでも、入り込んで突き進む。
実体のないものは、隙間のないところにさえ入り込む。

私はそれゆえに、何らの意図もなく生じる行為、
すなわち無為の有益さを知るのである。
言葉のない教え、無為の有益さに、匹敵しうるものは天下にない。

     安富歩 「老子」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/08 (Thu) 08:28:41
      幸福のコツ

 健康、快活さ、落ち着き、明朗さ。これらが幸福感を呼び込む。これらを先ず何事にも優先させること。
 したがって、いくら金儲けが出来るからといって、健康を損なうほど働いてはならない。戦う兵士のように昇進にあくせくしてはならない。同じように、快楽や娯楽、麻薬的な行為に耽溺してはならない。
 そうしないと、幸福の二つの敵と出会うことになる。それは、苦しみと退屈である。

      白取春彦 「ショーペンハウアーの言葉」
つれづれに - 友田昌秀
2018/02/07 (Wed) 08:45:41
       幸福の必要条件

 多くの人は幸福になりたいと思っている。そして、幸福になるために、たくさんの富を得ようとがんばり、地位や名声を獲得したいと奮闘している。つまり、多く持てば持つほど幸福になれるのだと思い込んでいる。
 では、物の量と質で決まるような豊潤や贅沢な暮らしが幸福のための条件だろうか。幸福とは、その人が幸福だと感じることではないか。その人の感性、その人の人格が、自分の幸福を決めるのではないだろうか。
 だとしたら、幸福の必要条件とは、自分の外にあるもの、自分が獲得するものの多さとはまるで関係がなく、自分の内側に初めから備わり、自分の人格となっているものではないだろうか。

     白取春彦 「ショーペンハウアーの言葉」