慧生坐禅会掲示板

121856
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/23 (Tue) 09:07:29
       試練のとき

”なぜ変化を恐れなければならないのだ?
 人生はすべて変化だというのに。”

           H.G ウェルズ

”逆境に勝る教育はない。”    ディスレーリ

















バカチョン朝鮮人チョン公 - チいョン
2018/10/24 (Wed) 02:07:24
おおおおおおお
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/22 (Mon) 09:16:31
      すべては言葉から始まった

この世界の最初に存在したものは何か。
それは言葉であった。
言葉は神とともにあった。
この言葉が神自身であった。
この言葉によって、いっさいのものが創造されたのである。
創造されたもので、何一つとして言葉以外によってつくられたものはない。
この言葉には生命があった。
人の光となる生命である。
この光は闇の中で輝いていた。

      新約聖書 ヨハネによる福音書


つれづれに - 友田昌秀
2018/10/21 (Sun) 16:59:10
    きょうのことば

”10年偉大なり、20年恐るべし、30年にして歴史なる。”

     鍵山秀三郎 (イエローハット創業者)
10月度第二回坐禅会 - shima
2018/10/21 (Sun) 10:43:58
本日の坐禅会ご苦労様でした。
12名のご参加を頂きました。

忘年会の日程が決まりました。
12月2日(日)1700開始
会場:チャオ(法善寺駅近傍のイタリア料理店)  
  
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/20 (Sat) 10:52:17
      空(くう)からの手紙

 われわれは分析するとき、あるいは何かについての考えを持つとき、ともすると利己的な尺度を使いがちです。その利己的な部分は空じられなければなりません。その部分をどのようにして空にするかといえば、それは坐禅を修行して、大きいとか小さい、良いとか悪いといった考えを少しももたないで、ものごとをあるがままに受け入れることに、もっと慣熟することによってです。

     鈴木俊隆 (サンフランシスコ禅センター創立者)
10月度第二回坐禅会 - shima
2018/10/20 (Sat) 09:23:26
明日21日は10月度第二回坐禅会です。
ご参加宜しくお願いします。
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/19 (Fri) 07:37:38
     絶望

”死に至る病とは絶望である”    キルケゴール 
 
”この門をくぐる人間に告ぐ。 
 あらゆる希望を捨てよ”   ダンテ 「神曲」

”人間が最後にかかる、
 一番思い病気は「希望」と言う病気である”  寺山修司
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/18 (Thu) 09:27:19
      幸福

”多くの人は大きな幸せを待つ間に、
 小さな喜びを取り逃がしてしまう。”    パール・バック

 いつも不安を抱えて「幸せ」を探し求めるとしたら、それは求める事を打ち消しながら進んでいくようなものかもしれない。というのも、幸せとは「たどり着く場所で」はなく「歩き方」だと私には思えるからだ。

          アレックス・ロビラ
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/17 (Wed) 09:26:26
        覚悟

毎朝毎夕、改めては死に、改めては死に、
常住死身なりて居るときは、武道に自由を得、
一生落ち度なく、家職を仕果たすべきなり。

      山本常朝 (江戸時代の武士) 「葉隠」
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/16 (Tue) 08:42:38
     きょうのことば

 起きるすべての出来事は、神様のお計らいで自分に必要な問題と受け入れて、感謝するうちに辛く感じられる運命が消えていく。

       鮫島純子
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/15 (Mon) 08:58:52
        きょうのことば

 いまある目の前の仕事に脇目も振らず、全身全霊を懸けることによって、、必ずや新しい世界が展開していく。

      稲盛和夫 (京セラ名誉会長)

















京セラ
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/14 (Sun) 10:51:17
    落穂拾いをしてはならない

待ちに待った収穫のときに、
畑の作物を一切合財刈りつくしてはならない。
落ちた穂を拾い集めてはならない。
それらを残しておくように。
貧しい者が、外国人が、それらを拾い集めることが出来るように。
これは、お前たちの神からの言葉である。
おまえたちを見守る神が命じることである。

       聖書 「レビ記」

つれづれに - 友田昌秀
2018/10/13 (Sat) 09:19:48
     天地の正体を掴み、そこにわが身を溶かせ。

天は何を言うでもなく、四季をめぐらせている。
地は何を言うでもなく、万物を生成させている。
そこにあるものをしっかりと見よ。四季をめぐらせる力の源を見よ。
天の動きの向こう側にある本来の正体を見よ。
育て、枯れさせ、再び育て上げる大地の根源を見よ。
掴め、この天地の正体を。
溶かせ、そこに、わが身を。

         碧厳録
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/12 (Fri) 09:05:12
     執着しなければ悲しみは生れない

悲しみがあるのではない。
これは自分のものと執着したものが朽ちるから悲しむのだ。
持つとは何か、所有とは何か。
それは本当におまえのものであったためしがあったのか。
お前は本当に持っていたのか。
持っていたはずなのに、変わり、ついには朽ち果てたではないか。
そのことを悲しむのか。
おまえさえ執着しなければ、その悲しみはなかったのに。

      釈迦の言葉 「スッタニパータ」
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/11 (Thu) 09:12:16
     ただ、清らかであれ

こだわるな。
かかずらうな。
心を沈めるな。
考えすぎるな。
ただ、清らかであれ。

     釈迦の言葉 「スッタニパータ」
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/10 (Wed) 09:09:33
      今日の言葉

”今日を完全に生きれば、明日が見える。”

     稲盛和夫 「生き方」
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/09 (Tue) 09:10:19
    自分のいく道は自分で決める

”ただコツコツとやってきて、
 気がついたら七十年経っていた、
 というだけの話なんです。”

      吉行あぐり (美容師107歳で没)
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/08 (Mon) 09:09:20
      発見

満点を取ったことは自慢にならないよ。
本当に大切ななのは知識を丸暗記したり、
教えられた通りのことを答案に書いたりすることではなくて、
先を見る洞察力だ。

       ビル・ゲイツ

*変化の兆しを発見するために大事なことは、
 日ごろから身の回りの出来事に対し、
 当事者になったつもりで考える訓練を重ね、
 物事を予測する能力を培うことが欠かせないのです。

        本田季伸
10月度第一回坐禅会 - shima
2018/10/07 (Sun) 21:46:41
本日の坐禅会ご苦労様でした。
11名のご参加を頂きました。
つれづれに - 友田昌秀
2018/10/07 (Sun) 11:05:24
苦悩があるから人は成熟する。

成果がなかったということは、無意味だったということではない。
恋愛に成功しなかったということが、無駄だったとか、心を痛めただけだったということを意味しない。
なぜならば、苦悩の中で人は多くのものを得るからだ。
苦悩があるから成熟する。苦悩したからこそ成長できる。
喪失、艱難、苦悩は、人に豊かなものを与えてくれるのだ。

      フランクル 「死と愛」